カテキンの基本知識

カテキンを科学的に説明すると、狭義には化学式C15H14O6 で表される化合物であり、フラボノイドの1種である。分子量は 290.27。
広義にはその誘導体となる一連のポリフェノールも含み、この意味での使用例の方が多い。広義のカテキンは茶の渋み成分である。これらは酸化によって重合しタンニンとなる。

カテキンはスゴイ!

カテキンには実に多様な生理活性があることが報告されており、それらを列挙すると、血圧上昇抑制作用、血中コレステロール調節作用、血糖値調節作用、抗酸化作用、老化抑制作用、抗突然変異、抗癌(食道癌、胃癌、大腸癌、結腸癌、膵臓癌、肺癌、前立腺癌、乳癌、膀胱癌)、抗菌、抗う蝕、抗アレルギー作用などとなる。

そんなカテキンをたくさん含んだお茶がこれ

高濃度茶カテキン問よく言われますが、実際に加工をしなくても自然な状態で茶カテキンを高濃度に含むお茶が深蒸し茶なのです>>

深蒸し茶