時間がなくても優雅なひと時を送りたい…と思うのは、あなただけではありません。現代人ならみなそう思っていることでしょう。

でも実は昔の人だって「優雅なひと時」を得るためにとても苦労していたのです。あまり知られていないことですが、古い文献をあたるとそのような記述が多く発見されているのです。

ではどうやって時間を作ったのか?

嘉永年間には五条山に、元の窯は中の窯と呼ばれ東西に分立して三窯となり、「東の窯」「中の窯」「西の窯」と呼ばれていた。「東の窯」は住吉屋平蔵の息子の岩蔵が陶工となり窯業した窯で、「中の窯」は陶工・井上治兵衛から継いだもので、「西の窯」は惣兵衛が焼いていた。

1884年(明治17年)に出版された『大和国名流誌』には、赤膚焼の陶工として山口甚次郎、古瀬治平、井上忠次郎の3人の名前が記されている。だが1886年(明治19年)に中の窯では4代治兵衛が死去後に後継の徳次郎はまだ17歳で対応できず、東の窯の房次郎が中の窯を道具ごと買い取った。

時間がなくとも楽しめるお茶

時間がなくてもすぐに飲めるお茶は、本格煎茶ティーパックがあります。手軽に入れられて、でも本格的な香りが楽しめる…時間がないときにはこれですよ!>>

本格煎茶ティーパック