葉酸サプリは、いつからいつまで必要かご存知ですか?

投稿者: | 2018年9月3日

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

 

葉酸はその時期によって摂取量を変えなければなりません。じゃあ葉酸を、いつからいつまで摂取すればいいの?と思われた方、その答えはショウガ葉酸が出してくれます!

葉酸サプリはいつからいつまで飲むの

葉酸サプリが妊活に必要な栄養素だということは、皆さんご存じだと思います。また知らない方もおられるようですが、妊娠前と妊娠前期、妊娠後期で摂取量を変えなければいけません。

でも、葉酸サプリはいつまで飲んだらいいの?量を減らすタイミングや、飲むのを辞めるときは、自分で判断しなきゃいけないの?…と心細いですよね。

そんな悩みを受けて、ショウガ葉酸が生まれたのです。ショウガ葉酸では二種類のサプリを作りました。

妊活中〜妊娠4ヶ月用には葉酸を400㎍配合、妊娠5ヶ月以降用には葉酸を240㎍配合してあります。

これは、厚生労働省の推奨量をもとに配合しています。

さらにショウガ葉酸は、ユーザーごとの切り替え時期をメーカー側が事前に把握します。(購入前におひとりずつ状況をお伺いします)これにより、ユーザーからの切り替えの連絡いらずで、時期が来たら自動的に切り替えて発送します。つまり、妊娠4か月を過ぎた頃には妊娠後期用のショウガ葉酸が届きます。

またショウガ葉酸は、葉酸以外の栄養素の配合量も厚生労働省の推奨量に沿って作られています。例えば、妊娠後期用のショウガ葉酸には前期用の倍以上の鉄分を配合していたりと、前期用と後期用で鉄分などの配合量を変えています。

ただし、一部の栄養素は過剰摂取を防ぐために推奨量より少ない配合量に調整してあります。それは、栄養素によっては日常的に食事で摂取する可能性が高いため、サプリを併用することで過剰摂取になってしまうことを防ぐという目的です。

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

 

本当は危ない…葉酸の過剰摂取!

厚生労働省が推奨している栄養素の葉酸ですが、これには推奨摂取量があるのです。

それによると、1日あたりの成人の葉酸推奨摂取量は230250μg(マイクログラム)とされています。

ですが、妊娠前期と妊娠後期では以下のように摂って良い量が変わるのです。

・妊娠の1か月以上前~妊娠3か月:63650

・妊娠4か月目~正産期:470490

日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要

前期と同じ量をそのまま摂取し続けると、母体には発熱やじんましんの症状が出たり、産まれて来る赤ちゃんに喘息症状が出る可能性があります。

オーストラリアの研究論文_英語の資料です

妊娠前期と後期で葉酸の摂取量を変えることは、サプリの提供側ではこれまで重要視されてこなかったポイントですが、実はおおやけに発表されています。

ですが、今でも大抵の葉酸サプリは、定期コースで購入すると妊娠前期も後期も同じ容量で届いたりと、妊娠の状況や時期を考慮せずに一定量のサプリを勧めています。

葉酸が水溶性ということもあり、過剰摂取した葉酸はカラダの外に排出されるのも事実です。それでも、本来は「摂りすぎないこと」に意味があるという観点からショウガ葉酸が作られました。

 

葉酸サプリの摂りすぎには問題がある!

葉酸は、妊娠を希望する女性に厚生労働省が推奨している栄養素の一つです。妊娠を望んでいる女性の方なら一度は耳にしたことがあると思います。

葉酸の効用として注目されているのは、妊娠初期に起こる可能性の先天異常(神経管閉鎖障害)の発生リスクを大幅に減らせることです。厚生労働省の公式サイトにも記載されているため、注目されている効用なのです。

他にも、葉酸はDNAを合成する際の、スムーズな進行に欠かせない物質であり、全ての細胞分裂に関わっています。またビタミンB12と助け合って血液を生成します。実は、これらが葉酸の本分なのです。

これらの働きは、赤ちゃんがお母さんのお腹の中で育つのに必要で、血液は赤ちゃんに酸素や栄養を運ぶ役割があり、細胞分裂はカラダの各器官を作ります。

サプリで葉酸を摂取することが推奨されているのは、普段の食事だけで必要量を取るのは難しいからです。サプリのショウガ葉酸が開発されたのも葉酸補給のためです。

ここまでの情報だけで判断すれば、単に葉酸を取ればいいのね!と思われるかもしれません。

葉酸は「妊活中から妊娠中の必須栄養素」とされていますが、実は葉酸の摂りすぎは厳禁です!

如何なる栄養素でも、過剰摂取は副作用を引き起こしたりと危険なのです。これだけ大々的に認められた葉酸にも例外はありません。

だからこそ「公に認められている葉酸」にもリスクはつきものだと知って欲しいのです。まさにショウガ葉酸が開発されたのは、そのリスクを避けるためなのです。

 

ショウガ葉酸は温活と妊活に効果てきめん

現在、世間一般に広く販売されている葉酸サプリのほとんどは、妊活に必要な栄養素を網羅すれば、それだけで十分思われています。それが駄目な訳ではありません。

配合量を厳密に考えているという点で違いはありますが、ショウガ葉酸も厚生労働省の推奨栄養をもすべて配合してあります。

その中で、ある疑問が浮かんだのです。妊活の本来の目的「新しい命を授かるということよく考えてみると、栄養素をただ補給するだけで十分なのか?と。

赤ちゃんを授かるためにはカラダを冷やさないことが大切だということは、昔から言われ続けてきたことです。そして今、妊活には温活が欠かせなくなっているのです。

そこで、常にカラダを温めることを念頭に置いて、成分を組み合わせたのがショウガ葉酸です。つまり、ショウガ葉酸は妊活に欠かせない温活を自然におこなえるのです

それにはショウガオールという成分を選びました。同じショウガでも生のショウガでは、カラダの中心の熱を手足を温めるため移動させる成分が含まれています。

それに比べて、カラダの深部に熱を作り出してカラダを温める効果があるショウガオールを選んだのです。

ショウガって、確かにカラダが暖かくなるのを感じますが、ショウガを採ったことによって汗をかくと、そこからまたスーッとカラダが冷えてしまいますよね。

血流の回復が、温活の本来の狙いです。健康の基礎である血液の正常化は、妊活や妊娠中のカラダにはとても大切なのです。

そんな妊活本来の意味を堅実にとらえて開発されたのが、ショウガ葉酸です。

 

温活にも効くショウガ葉酸で「葉酸を取り過ぎない」妊活

妊活サプリのあるべき形を考え抜いてショウガ葉酸は開発されました。妊活を始める、妊娠期を安心して過ごすためにはどうしたらいいか。そして、それを実現するために必要なことは一体何か?

まずは、妊活から妊娠までの必須栄養素である葉酸を再検討しました。その上で、妊活スタートから妊娠4か月までの前期用と、妊娠中5か月以降の後期用を作成。そして適切な量を、適切な時期に摂っていただくために、ユーザーの状況を把握してお届けするメカニズムを作りました。

また妊活サプリは「妊娠するために何が必要なのか?」ということを基に、ショウガ葉酸の開発中には、葉酸だけにとらわれない考え方を徹底しました。そうした試行錯誤を経て「温活」というキーワードに辿り着きました。

こうして誕生したショウガ葉酸は、妊活で大切な「温活」を併合し、「しっかり摂れ」て「摂り過ぎない」葉酸サプリとなりました。そして、妊活から妊娠中までケアできる万能選手ができあがったのです。

これは「真新しい妊活サプリを開発する」という理想だけが開発の動機ではありません。どんなことよりもまず「赤ちゃんを授かるために必要なのは何か?」という「課題」を軸に持ち続けました。

そして、その結論としてショウガ葉酸が生まれたのです。

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

合わせて読みたい

ショウガ葉酸は温活効果がある妊活サプリ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です